歯周病の原因と治療法

歯周病とは?気になる原因とその治療法

歯周病は、これまで長いあいだテレビCMで歯槽膿漏と呼ばれてきました。そのため歯ぐきからウミが出てくるイメージがあると思います。
しかしながら、実際の医療現場では、歯周病の方の歯ぐきからウミが出ていることはほとんどありません。

「まさか自分が歯周病なはずはない」と、そう思っている方が多く、まったく痛くないのに重度の歯周病の方がたくさんいらっしゃるのが現状です。

どうして歯周病になるのか。また、どうすれば歯周病を治せるのか、歯周病の予防は可能なのか、についてお伝えします。

歯周病とは
歯肉が赤く腫れる、冷たいものがしみる、歯を磨くと出血する、歯の表面に歯石がついてザラザラする、口の中がネバネバする、歯ぐきが下がって歯が長くなったような気がする、このような方は歯周病かもしれません

近年、歯周病が注目されるようになり、歯周病への認識が変わってきています。

「中年以降の7割は歯周病」「歯を失う原因の第1位は歯周病」「歯周病による炎症と心臓発作、がん、アルツハイマー、早産など多くの全身疾患とかかわりがある」そんなことをすでにご存じの方も多いのではないでしょうか。

目次

歯周病とは

歯周病は、文字どおり歯の周りの病気です。骨が溶け、歯の周りの破壊が起きます。
むし歯が歯を溶かす病気、骨が溶ける病気が歯周病です。

専門的には、歯周組織(=歯槽骨(しそうこつ)、歯根膜(しこんまく)、セメント質、歯肉で構成される)に炎症が広がり、歯と周囲の組織をつなぐ付着を失います。これにより、歯周ポケットが形成され、炎症はさらに深くへ進行してゆきます。

進行は、活発に進行する活動期と停止する寛解期(かんかいき)があり、交互に繰り返します。体調が悪いときには進行し、良いときには止まっています。

これらすべて、歯ぐき(歯肉)の中で起こっているので、目には見えません。見えないところで歯周病がひっそりと進行しているから、気づかないのです。
おまけに痛みなどの自覚症状がないので、自分ではまったく気づかないのです。

このため、重い歯周病の人が増え続けています。近年の調査(2016年歯科疾患実態調査)では、過去最高となっています。

どうして歯周病になるのか4つの理由

歯周病菌が感染を引き起こすため

恐ろしい歯周病の一番の原因は、歯に付着するばい菌のかたまり、つまり「プラーク」です。シンクのぬるぬるとしたぬめりをバイオフィルムといいますが、プラークはバイオフィルムとも呼ばれます。
どちらも大量のばい菌がネバネバとした物質を作りながら増殖したものです。

ずっと付着したまで放置されたプラークの内部では、空気の嫌いなばい菌が増えてきます。この空気の嫌いな菌のうちほとんどが歯周病菌で、ポケット内に棲みつき深く深く破壊を進めていくわけです。
歯周病菌が、高血圧、動脈硬化、アルツハイマーなどの全身疾患とも関わっています。

歯周病菌

抵抗力が下がっているため

免疫ともいいますが、睡眠不足が続いたり、加齢によるもの、遺伝的なもの、糖尿病などの全身の病気、抵抗力が低い場合に歯周病が悪化しやすくなります。

よくない生活習慣のため

ヘビースモーカーは、非喫煙者よりも2.8倍歯周病にかかりやすく、治療しても治りにくいことがわかっています。また、ストレスフルな生活を送っていたり、運動をしていない、食生活が乱れているなど、全身の健康状態が悪化しやすい生活習慣でも、歯周病になりやすくなります。

くいしばりやはぎしりのため

寝ているときに歯ぎしりや食いしばりをしたり、日中でも気づいたら歯が接触して食いしばっている人は要注意です。これらは無意識のうちに歯に数百Kgという大きな力をかけているといわれています。

歯周病による炎症状態のところに大きな力が加わると、歯周病の進行がいっきにはやまります。取り返しのつかないような「重い歯周病」の人のほとんどがこれら「大きな力」を歯に加えています。

歯周病を治療する方法

歯周病は、数年〜数十年かけて静かに進行してきたため、簡単には治りません。いくつかのステップにわけて治す必要があります。

プラークの量を減らしてコントロールする

歯に付いたばい菌の塊である「プラーク」が歯周病の大きな原因ですから、まずはプラークがない状態を維持できなければ歯周病の進行は止まりません。
具体的には、プラークを自分自身で取り除きやすくなるトレーニングをうけたり、サイズの合った使いやすい歯ブラシなどの清掃器具を選択することから始めます。

ある程度プラークコントロール(プラークを自分で落とし、量をコントロールできる)ができるようになったら歯石を取り除きます。歯石は、いわばプラークの死がいですから、その表面にはたくさんのプラークがつきやすくなっていますので、取り除く処置を行います。歯肉の上の歯石、歯周ポケット内にできた歯石の順に除去していきます。

周りの歯に悪影響があるような、手遅れの歯を抜歯することもあります。

外科治療をする

一通り治療したあと検査をし、炎症が治まらない、歯周ポケットが浅くならないなどの場合、歯周外科治療を行うことになります。歯肉をはがして歯石やプラークをきれいになくして、場合によっては歯周組織を再生できる再生療法を行います。

メインテナンスをする

一度外科をしたからといって、もう歯周病にならないわけではありません。メインテナンスをしない人は、5年後に歯周病が再発して抜歯になる本数が、メインテナンスをしている人の2倍もあることがわかっています。

歯周病を予防する方法

歯周病は、自分一人だけでは予防できません。どんなに頑張っても歯の間や歯肉の中など、自分だけではばい菌の塊であるプラークが取り切れないところがでてきます。そういったところでは、歯周病が進行している可能性が高く、実際に50代以降で歯の本数は右肩下がりに減っていき、日本人の80代では平均10.1本しか残っていません。

そうならないためにも、定期的にメインテナンスを受け続けることが一番の予防になります。一生付き合っていける信頼できる歯科医院を見つけ、その歯科医院に所属する担当の歯科衛生士と力を合わせて歯周病を近づけないことが最善の予防となるのです。

  1. 自分しか守れない未来
  2. むし歯のプロセス
  3. かかりつけのクリニックを見つけよう
  4. むし歯について考察
下北沢せきにし歯科医院で初めての診察予約!
PAGE TOP